キャリーバッグの自重は購入時のポイント!超軽量と言われるものを選びたい

旅行に買い物にと大活躍のキャリーバッグ、購入時には好みの製品を比べて楽しむ人も多いでしょう。

もちろん色やデザインも購入の時の大事なポイントですが、キャリーバッグ自体の重さもまた無視できないポイントなのです。

つい忘れてしまうけれどキャリーバッグの自重は

引っ張ってもしくは体側に惹きつけて転がせるキャリーバッグの場合、特に力に自信のない人には大変にお役立ちなものです。

これがあれば重い荷物でも楽に運ぶことが出来ます。

普段遣いにも旅行にも、大活躍ですね。

しかし全ての場所がバリアフリーとは限りません。

まだまだ道路、歩行者用の道路を車道の間には段差があるものです。

旅行に持っていって、訪問先の国の街の道路が石畳で、引くのに苦労してつい持ち上げて運ぶなどということもあります。

常にキャスターだけで移動ができる、というものでもないのですね。

また近年の格安航空機、LCC利用の場合荷物のサイズだけでなく重さも関係してきますから、バッグの自重は馬鹿にできません。

1キロ重さが違えば、1キロ分の荷物を入れられます。

また1キロの差で、追加料金が発生することもあるのです。

なので、できればキャリーバッグを選ぶ時に、超軽量となっているものを選びたいものです。

軽いキャリーバッグとは

超軽量となっているキャリーバッグ、幸い今では市場に多く出回るようになってきました。

基本的に材質が軽いのは

普段街で使うキャリーバッグの場合、素材自体はあまり強いものが使われていません。

しかし旅行用の場合、手荒く扱われることもあるので、それなりに素材もしっかりしたものを選びたいですね。

特に日本人の場合、ハードタイプのキャリーバッグやスーツケースを好む傾向にあります。

確かにソフトタイプのものよりも衝撃に強く、また防水性にも優れているので、ファンが多いのも当然です。

しかし素材自体はと言うと、ソフトタイプのキャリーバッグのほうが基本的に軽いのです。

ナイロン製の素材を使っているので、ハードタイプのものよりも基本、軽いことになります。

なので防犯的にあまり問題がない場合、軽いキャリーバッグをと思ったら、ソフトタイプのもの方がおすすめです。

特に超軽量などとなっていなくても、重さはハードタイプのものよりは軽量と見ていいでしょう。

ハードタイプの素材に拘る場合

でもやはり、海外旅行の場合海外の空港のの手荒い荷物扱いが怖い、と言う人は少なくないですね。

動画などで見ていると怖くなってきます。

最後には、あそこまで力持ちって凄い、などという呆れ半分の感想まで出てきます。

まあそんなところからも、できるだけ丈夫なものをということで、ハードタイプのキャリーバッグがやはり欲しいという人は跡を絶ちません。

こうした場合には、とにかく超軽量か少なくとも軽量と銘打ってあるものを選びたいですね。

特に大型のキャリーバッグ購入の時には、気をつけるようにしてください。

昔と違って今では、素材も随分と進化していますので、冗談のように重い製品は出ていません。

昔は1週間タイプのスーツケースで、自重7キロなどというものもあったのです。

それに比べれば軽量化されていますが、それでも油断は禁物です。

自重3キロだとすると、その重さは牛乳1リットルパック3本分です。

これにさらに荷物が入るのですから、その分の計算もしておきたいですね。

実店舗で実物を見る場合はまだ、手に取って重さの確認もできますし実感も湧きます。

しかし通販での購入の場合、自重についてはよくよく計算をするようにしてください。

機内持ち込みサイズで超軽量となっている製品は

実際に超軽量となっている商品を見てみましょう。

実はこれも、ピンからキリまでなのです。

ただ最も軽い自重の、機内持ち込み用のハードタイプの素材のキャリーバッグの場合で、2キロを切ってきているものが結構出ています。

これならソフトタイプの素材のキャリーバッグに重さでは負けていませんので、かなり楽に持ち運べることになります。

ただ超軽量となっていても、3キロ近い製品も存在します。

同じ機内持ち込みのサイズのキャリーバッグでも、1キロ以上の差が出てきています。

この1キロ、元気な時には特に問題のない重さですが、旅に疲れた時にはかなりの動きの妨げになる重さです。

1リットルのミネラルウォーター1本分の重さですので、そう考えると結構大きいですよね。

力に自信があまりなく、長時間の移動が見込まれる場合には、できるだけ軽いキャリーバッグを選ぶのがおすすめです。

そして、素材もしっかりとしていて加えて超軽量となると、それなりに高級素材が使われているというケースが多いです。

お財布にはゆとりをもたせた上での購入が望ましいですね。

まとめ

キャリーバッグの重さというのは、疲れた時とか段差を持ち上げなくてはいけない時、本当に身体にも負担が来ます。

特に海外旅行での帰路、お土産も入って重くなったキャリーバッグを、旅行の興奮のあとで疲れた身体で持ち歩くと考えると、軽いに越したことはありません。

キャリーバッグ選びの時には、自重も忘れないように、超軽量となっているものを選んでください。