海外旅行の時にキャリーバッグには鍵は不要?TSAロックだけでいいのかな?

海外、特にアメリカ方面に旅行に出かける場合、またアメリカの航空会社を利用する場合、キャリーバッグに普通の鍵はかけてはいけない、と言われますね。

これはTSAと呼ばれる鍵で、空港職員だけがすぐに荷物のチェックを出来るように、専用の鍵をかけるからなのです。

普通の鍵をかけておいて壊された、という苦い記憶を持っている人もいるでしょう。

アメリカ関係では普通の鍵はキャリーバッグにかけないのは常識

特にアメリカ方面への旅行の場合、普通の鍵はキャリーバッグにかけないというのは、もう常識のようなものになっています。

また現在、普通にキャリーバッグを購入しようとすれば、それが旅行用のものならTSAロックはまず標準装備されています。

これは預かり荷物の安全性を高めるための空港職員による検査、ランダムではありますが、そのためです。

それだけテロの問題などが深刻化してきているのですね。

でも本当に、このTSAロックだけで安全なのでしょうか。

空港職員による検査の時に、考えたくもないですがなにか問題は起きないのでしょうか。

もしこれがないキャリーバッグの場合はどうしたら良いのでしょうか。

鍵についての問題は、悩ましいものです。

アメリカ関係に出かける時にはTSAロックは必需品

アメリカ方面に旅行に行く人の場合、無差別ランダムに荷物を検査されることがあるということ、これは心に留めておく必要があります。

預かり荷物にも危険なものが、もしくは預かり荷物に入れておいてはいけないものが入っている可能性はあります、もちろんすべての荷物を検査することは不可能なので、ランダムということになるのですね。

でもこれがあることで、犯罪などの抑止力になっていることも事実です。

鍵を壊さずに、空港職員だけに開けることが出来るように開発されたのが、TSAロックなのです。

なのでアメリカ方面に行く時にこれがついていないキャリーバッグは避けることをおすすめしたいです。

もちろん今現在キャリ^バッグを購入するとまず、これがついていないキャリーバッグはない、と言っても過言ではありません。

しかし古いキャリーバッグやスーツケースを使っている人の場合、要注意ですね。

実際普通の鍵をかけておいて、それを壊されて検査されたなどの報告も多いのです。

TSAロックがないキャリーバッグの場合は

古いスーツケースやキャリーバッグ、もしくは激安で購入したものの場合、TSAロックが付いていないものもあります。

こうした場合はどうしたら良いでしょう。

TSAロックを購入する

え、自分で取り付けって出来るの、と思ってしまいますが本体に取り付けるわけではありません。

TSAロック付きの南京錠なども販売されていますので、それでファスナー部などをロックするのです。

ダイヤル式のものが多いので、鍵をなくす心配なしに使えるのが強みです。

ただフレーム式のキャリーバッグだとこれ、使うことが出来ません。

そういった場合には、TSAロック付きスーツケースベルトが便利です。

しっかりと荷物を、かなりオーバーして詰め込んだ場合もベルトを使えば中身が飛び出る心配もありません。

また目立つものを使えば、荷物の目印にもなります。

ただこれ、実際に検査されたあとしっかりと巻きつけ直してくれるかと言えば、その点はちょっと確実とは言えないのが悲しいところです。

鍵はかけずにできるだけ防犯に気をつけて預ける

鍵を壊されるのが、特にキャリーバッグ本体に固定の鍵、フレーム式の場合は特にですが、これは嫌なものですね。

鍵だけでなく本体にまで傷がついてしまう、時には破損もあります。

しかしこれはクレームは付けられないことなので、鍵掛け無しでの荷物を預けることになります。

とにかく貴重品関係は全部取り出して預けるようにするしかありません。

何かあっても特に問題ないものだけに、しておくのですね。

ただこの場合本当に、防犯という点で大きな問題になりますので、おすすめはできません。

時間の余裕があるならTSAロックの付いた鍵を購入するほうが、安全ですよね。

TSAロック以外に鍵は必要なの

海外での防犯という点で、現地の移動の時にエクストラでの鍵が必要になる、ということはまあめったにありません。

TSAロックで充分に用は足ります。

ただどうしても、それだけでは心配という人の場合、ファスナーでの開閉のキャリーバッグなら南京錠をつけることが出来ます。

簡単なものでもこれ1つで、防犯面の安全性はグッと上がります。

そうした抜き取りなどに関しては、手早くというのは犯人のお約束のようなものです。

南京錠が一つ増えただけで、手間と時間がかかるというその一点で、犯罪への抑止力にもなるのです。

また特に鍵のついていないスーツケースベルトも、これも鍵の代用にも荷物の中身の飛び出しにも有効に働いてくれます。

TSAロックだけでは心配という人の場合、こうした措置を加えてみるのもよろしいですね。

まとめ

海外旅行での防犯面、やはり気を使うものです。

TSAロックは必需品でもあるので、これがついているキャリーバッグを購入したいものですね。

でもTSAロックというもの、便利だけどそれだけではいまいち信用が、ということもあります。

そんな時には別売りでの鍵を、現地では加えて使うというのもおすすめです。