飛行機に持ち込める軽量小型のおすすめのキャリーバッグの条件3つ

旅行に行く時に飛行機の中に持ち込める大きさや重量を知っておく事が大切です。

もし機内に持ち込みできるサイズを超えてしまうと高額な追加料金が発生することがあります。

そうならない為にも飛行機に乗って旅行に行かれる小型のキャリーバッグの条件を紹介します。

機内に持ち込まできるキャリーバッグのサイズと重さ

国内線

国内線に持ち込みできるかどうかは飛行日の座席数により違います。

座席数が100席未満の小さいことでも期待の場合持ち込みサイズが縦45cm × 横35cm × 幅20cmになっています。

100席以上の飛行日はこれより一回りほど大きいものでも大丈夫で、重量は変わりません。

航空会社のジュピターやピーチなどは7キロまでと厳しく設定されているところもあり、会社によって細かい違いがあるので、利用までに調べておくことをおすすめします。

国際線

国際線の場合、国内線と同じように席数で規定も同じですが、重さに関しては多くの航空会社が10kgでとしていますが、これもバラツキがあります。

その中でも特に格安航空会社の場合は注意が必要で、座席数を増やして運行しており、荷物を積むスペースが狭くなります。

そのため、1人あたりの荷物量の制限があったりする時があります。

春秋航空の場合5kgまでですが、格安航空の大手は7kgまでとなっています。

ですが大韓航空は12kgまで持ち込めるようにしているなど、違いがあるので、利用前に確認しておく事をおすすめします。

おすすめキャリーバッグの条件

サイズ

サイズをはチェックインの時にキャリーバッグのサイズを測るカゴが置いてあります。

そのカゴにすっぽり入る大きさでなければ機内に持ち込む事は難しくなります。

格安航空の場合少しはみ出しただけでも持ち込み出来ないこともあるほど厳しいです。

サイズオーバーがきになったり、どの飛行機を使ったも引っかからないサイズがいいのであれば、100席サイズ未満のスーツケースを用意しておくと安心です。

ここで1つ注意すべきポイントは機内持ち込み可とネットで書かれていても格安航空の場合持ち込み不可の場合もあるので、気をつけてください。

重さ

そして重さですが、航空会社により5kg~7kgと厳しめの設定にしている所があります。

ここでキーポイントになるのが自重の部分で、もしキャリーバッグ自体が3.5kgだった場合、中に入れる荷物は3.5kgまでしか入れることができません。

飛行機に乗る前に余裕があったとしても、お土産を詰め込んでしまって帰りの便では重量オーバーなんてことも多々あります。

たくさんに荷物を入れても大丈夫なように、でしるだせ軽いキャリーバッグを選ぶことがおすすめです。

頑丈な作り

機内に持ち込むキャリーバッグはサイズと重さも大切ですが、それに加えて耐久性と必要になります。

ネットで軽いキャリーバッグを探せばいくらでも出てきますが、それだけで選ぶとちゃっちい物だったという失敗もあります。

特にキャスターに関してはもし粗悪だとあっという間に壊れてしまい、数回使ったただけでもう使えないなんてこともあります。

国内旅行の場合はいいですが、海外に行くとガタガタした道が多かったりするので、キャスターの作りは頑丈でないと、引いて歩くだけで苦労します。

耐久性があり、なおかつ軽いキャリーバッグを見つけるのがおすすめです。

機内に持ち込みできるおすすめキャリーバッグ

アメリカンツーリスターアローナライト

おすすめのキャリーバッグとして、アメリカンツーリスターアローナライトは人気で、初心者モデルとして発売されているものになります。

なんと言ってもコスパ抜群で、良く海外に飛び回る方も愛用されており、コスパがいいのに耐久性があり使いやすいキャリーバッグです。

特にキャスターに関しては、今まで安いキャリーバッグを使ってこれに乗り換えるとびっくりするほどスルスル動きます。

荷物をいれて体の横で走行させても、ほとんど力が入らずすーっと動くような感じで、価格、使いやすさ、耐久性のバランスの取れたキャリーバッグです。

どれを選んだらいいか分からないと迷っている方にはこれを買えば間違いないです。

サムソナイト コスモライト3.0スピナー

サムソナイトは昔から信頼性の高いブランドで、特徴は軽さにあります。

特にコスモライト3.0スピナーに関してはキャリーバッグの中でも最軽量で、耐久性まで兼ね揃えています。

使っている素材がポリプロピレンを重ねたカーブというもので、歪みや衝撃にも強いです。

貝殻をイメージしたデザインのものは、力が加わっても圧力分散するので、原状回復しやすいように設計されています。

トラックでこのキャリーバッグの上を走る実験もされていましたが、凹んでもほぼ元通りに回復するほど耐久性に優れており、300kgまでの負荷テストもクリアしている優れものです。

価格だけでみると、少し高めですが、高めならではの耐久性があるので、頻繁に旅行に行く人や仕事で飛行機を利用する事が多い方にもおすすめです。

まとめ

キャリーバッグには色んな種類がありますが、よく飛行機を利用するのであれば、サイズと大きさは絶対に確認してから買うことをおすすめします。

もちろんそれだけではないですが、仕事でパソコンを持ち歩くような方だと耐久性などあった方がいいので、利用シーンに合わせて選んでみてください。